×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

TEL.022-229-5214

〒982-0801
仙台市太白区八木山本町1−5−1−210

東北バイオサイエンス研究所

概要・沿革

株式会社 東北バイオサイエンス研究所 会社概要

1996年1月に、株式会社 東北バイオサイエンス研究所として法人化した.

【商号】   株式会社 東北バイオサイエンス研究所
【所在地】  〒980-0835 仙台市太白区八木山本町1-5-1-210
       TEL:022-229-5214  FAX:022-229-5215
【設立】   1996年1月25日
【資本金】  1000万円
【代表者】  代表取締役 山内 文男
【取引銀行】 七十七銀行長町支店
【構成員】  3人

沿革方針イメージ

【1995年3月】
東北大学農学部食糧化学科・教授を退官し、同年4月から名誉教授になった山内 文男が、仙台市青葉区荒巻字青葉468 みやぎ産業振興機構・研究会館内にオフィス及び実験室を借用して事業をはじめた。
事業内容は、食品、環境、農業に関する調査、研究及びコンサルタント業務である。

【1995年4月 】
みやぎ産業振興機構・研究会館で事業を始める。
財団法人日本発酵機構余呉研究所の理事として自主研究用に研究費受託。
日本エフデイ株式会社の顧問。 

【1996年1月】
株式会社 東北バイオサイエンス研究所として法人化。

【1996年5月】
東北広域物流協同組合(9社)に加入。
東北広域物流協同組合として1996年度宮城県中小工業支援事業「鮮度保持を目的とした青果物の氷温輸送システムの開発」で補助 金受託。

【1997年6月】
株式会社 藤田商店フジタ未来経営研究所におけるバイオテクノロジー、エコロジー担当顧問。 

【1997年9月】
株式会社 藤田商店フジタ未来経営研究所より“有機農産物の現状と展望(ステップ1)“についての調査研究を 株式会社 大和総研と共同受託。

【1997年12月】
日本エフデイ株式会社が、株式会社おむすびころりん本舗に改名(顧問継続)。

【1998年6月】
株式会社 藤田商店フジタ未来経営研究所より“有機農産物の現状と展望(ステップ2)“についての調査研究を 株式会社 大和総研と共同受託。

【2007年2月】
(財)新技術開発財団より発明賞と助成金を得て「接離動機構付きフリーズドライ装置のマルチヒーターブロック」開発。

【2014年6月】
宮城県地域復興再生組合提出の平成26年度プロジェクト創出。
「研究会助成金」である「バイオトイレの研究」を研究指導。

【2015年4月】
株式会社 東北バイオサイエンス研究所を現在地に移す。

【2016年6月】
(株)アシストインターナショナルより「ゼロ地場における微小生物の動向」というテーマで研究委託。